2022年10月9日、SWELLの利用規約を改訂しました。

フォーラム

トピックを立てる前にチェック
  1. フォーラムガイドライン」に必ず目を通してください。
  2. バージョンアップデート後に表示がおかしくなった場合は、
    「SWELL設定」>「リセット」からキャッシュクリアを先にお試しください。
  3. フォーラム内検索で過去に同じようなトピックがないか検索してみてください。
ログインURLがwp-adminから変...
 
通知
すべてクリア

[解決済] ログインURLがwp-adminから変更できない

3 投稿
2 ユーザー
0 Likes
111 表示
trackmaintenance
(@trackmaintenance)
投稿: 2
メンバー
Topic starter
 

つい先日、CocoonからSWELLへ乗り換えさせて頂きました。Cocoonでは「SiteGuard」でログインURLを設定し使用していました。

「【SWELL】乗り換えサポート from Cocoon」を基に、SWELLをインストールすると、「SiteGuard」でログインURLを設定した状態で、実際のログインURLがwp-adminになりました。

「SiteGuard」は非推奨だということで「XO Security」をインストール、有効化、ログインURLを設定し、「SiteGuard」は無効化しました。

まだログインURLが上書き(wp-adminから変更)されなかったので、サーバー(ConoHa)のファイルマネージャーで「SiteGuard」をリネームしても削除しても変化なし。

「WPS Hide Login」で上書きできないかと思い試みるも、ログインURLで入れるが、wp-adminにリダイレクトしてしまう。

実際、ConoHaサーバー画面上でもログインURLは変化なし。htaccessファイルは以下のとおり↓。「SiteGuard」削除しても表記は残っているが影響無し??確かにRewriteRuleにログインURLの記述は反映されていない。WAFをOFFにしてプラグイン有効にしても変化はありませんでした。

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress
# "BEGIN WordPress" から "END WordPress" までのディレクティブ (行) は
# 動的に生成され、WordPress フィルターによってのみ修正が可能です。
# これらのマーカー間にあるディレクティブへのいかなる変更も上書きされてしまいます。
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

Google検索しても、ログインURLの設定方法か、ログインできない場合の手段の記事ばかりで、WordPress側の問題なのかサーバー側の問題なのか、ログインURLが変更できない場合の記事が見当たらず、質問させていただきました。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

確認項目
利用規約に同意します*, ガイドラインを読み、内容を把握しています*, よくある質問を先にチェック済みです*, 過去に同じようなトピックがないか検索済みです*, WordPress更新後、SWELLは最新版にしましたか?, Googleなどでも検索してみました, プラグインを停止しても同じことが起こることを確認しました, デフォルトテーマ等、他のテーマでも同じことが起こることを確認しました, 自分で追加したコードに問題がないかチェック済みです, サポート範囲外だということを理解しているが助けが欲しい(有料サポートしてくれる方を探したい)
問題が確認できるページのURL
利用中のSWELL本体のバージョン
2.6.9.4
利用中のPHPバージョン
7.4.29
OS
MacOS
利用中のWordPressバージョン
6.0.3
利用中のサーバー会社
ConoHa
ブラウザ
Chrome
利用中のプラグイン一覧

・BackWPup(SWELL後にインストール)
・BBQ Firewall Go Pro(SWELL後にインストール)
・ConoHa WING コントロールパネルプラグイン
・ConoHa WING 自動キャッシュクリア
・Contact Form 7
・Custom Field Suite(SWELL後にインストール)
・Duplicate Page
・Google XML Sitemaps(SWELL後にインストール)
・Highlighting Code Block(SWELL後にインストール)
・Invisible reCaptcha
・Jetpack(SWELL後に遅延読み込みをOFF)
・Pochipp(SWELL後にインストール)
・Rinker
・SEO SIMPLE PACK(SWELL後にインストール)
・SiteGuard WP Plugin(SWELL後に無効化)
・TablePress
・UpdraftPlus
・Useful Blocks(SWELL後にインストール)
・WebSub (FKA. PubSubHubbub)
・WP Multibyte Patch
・WP Revisions Control(SWELL後にインストール)
・WPS Hide Login(本事象確認後にインストール)
・XML Sitemap & Google News(SWELL後にインストール)
・XO Security(SWELL後にインストール)
・【SWELL】乗り換えサポート from Cocoon

This topic was modified 2か月前 by trackmaintenance
 
投稿済 : 20/10/2022 8:40 pm
skillsharejp
(@skillsharejp)
投稿: 480
SWELL高速化顧問
 

SWELLとは無関係のご質問なので、それぞれの適切なサポートをご利用いただくとしてとりあえずのアドバイスとしては下記があります。

  1. セキュリティプラグインは絶対に重複させない(経験者が各々の機能を理解している場合を除く)
  2. wp-adminでも別にセキュリティ上は構わない(ただし強度なPWが前提)事を理解する
  3. SiteGuardとSWELLは別に併用しても構わない(ただし十分にリスクも機能も理解できる人に限る)
  4. 使わないプラグインは削除する

WordPress高速化と保守管理の専門家
SWELLに高速化ノウハウ提供しています。個別依頼の対応可能。
- 定期契約不要のスポットWordPress保守管理(改ざん検知駆除込)
- 移行、HTTPS化、マルウェア駆除、各種設定代行、WPチューンアップ

 
投稿済 : 21/10/2022 3:07 am
trackmaintenance
(@trackmaintenance)
投稿: 2
メンバー
Topic starter
 

@skillsharejp 

ありがとうございます!

頂いたアドバイスを基に対応してみます。

勉強になりました。

 
投稿済 : 21/10/2022 5:18 pm
共有: